医薬品

プラセンタ、なぜ馬や豚のものを使う?

プラセンタには植物性、海洋性、動物性の3つがあります。
植物や海生物に胎盤はないのですが似たような成分があるのです。
植物には豊富な栄養成分が含まれていますし、海の魚の卵巣膜には、動物性のものより多い栄養素が含まれているものもあります。

しかし二つに共通してないものが「成長因子」なのです。
成長因子についてはhttp://xn--1cki4e8c6b5622anre5qa171m6k2a.com/で詳しく解説されていますが、この成長因子が含まれていないと細胞に働きかけることができません。
つまり疾患治療や改善には効果がないということになります。

よって動物性プラセンタを利用するのです。
動物性プラセンタの中でも一番多く使われているのが豚のプラセンタです。
豚は薬剤の投与を受けていることがありますので、徹底管理され衛生面、薬剤投与の心配もない「SPF豚」が安全性も高くよいとされています。

また今注目されているのが馬のプラセンタです。
馬には豚にはない必須アミノ酸が含まれています。
また馬は病気にかかりにくいことから薬剤投与の心配がありません。
とくにサラブレッドは徹底管理され良い環境で育てられており、血統もはっきりしており安心できるので希少価値が高く注目を浴びています。
高品質なものは値段も高くなりますが確実な安全性と効果が期待できるというわけです。

こちらに人気のプラセンタサプリメントとドリンクのランキングサイトがあります。
手軽に摂れるサプリメントやドリンクタイプを是非お試しください。

このページの先頭へ