医薬品

プラセンタは安全?

プラセンタ摂取によるリスクというのは、ほとんど心配いりませんが、あげられるものであれば、副作用や感染症になります。
副作用として考えられることは、注射の摂取によるショックやアレルギー、発疹がまれにでることがあります。
また、プラセンタにもメリット・デメリットがあります。
プラセンタ注射は医療機関でしか摂取できませんのでご自身の体調に合わせて、担当医師と相談し判断していただくことで、このような副作用を避けることができます。

他に生理周期が早くなったり、ニキビができてしまうことがありますが、これはプラセンタ効果が発揮されているともとれる症状です。
これらは摂取量が多いために出てしまう症状と考えられますので摂取量を減らし、ご自身にあった摂取量を見つけることで防ぐことができます。
プラセンタは生物由来にため、病原体が心配されます。

医療機関で摂取できるヒト由来のプラセンタであれば、元が人間の成分なわけですから心配いらないでしょう。
大多数は動物プラセンタになりますので感染症が気になるところですが、製品化までには多数の検査を経ています。
ウイルス、肝炎、バクテリア、エイズ、狂牛病、など様々な厳しい検査をクリアし製造しています。

感染症対策されてきての製品化ですので安心してお使いいただけると思います。
どうしても不安で心配という方は徹底した衛生管理、飼育管理のもとに育てられた
「SPF豚」馬であれば「サラブレット」を使っているプラセンタを選ぶとよいでしょう。
また狂牛病対策として羊や牛を使うことは禁止されています。

このページの先頭へ