医薬品

プラセンタエキスの成分は?

プラセンタエキスの成分の85%の水分の残りの成分には沢山の栄養素が含まれています。
まず5大栄養素と言われているビタミン、ミネラル、脂質、糖質、タンパク質です。

・ビタミンやミネラルには体の機能を整えます。
・脂質は血液や細胞膜の材料となり体を動かすためのエネルギーです。
・糖質は脳や神経のエネルギーとなり重要な生命のエネルギーです。
・タンバク質は筋肉などの元となる栄養素で体の大部分を構成しています。

この他に
体の大部分を占めるタンパク質を作る「アミノ酸」
遺伝子を正常に保つ「核酸」
タンパク質の消化や吸収を促す「活性ペプチド」
細胞間に必要な水分を蓄える「ムコ多糖体」
消化や代謝を支える「酵素」
そして新陳代謝を促進し細胞レベルから若返らせる成分、EGF(表皮細胞増殖因子)とFGF(繊維芽細胞増殖因子)をはじめとする様々な種類の「成長因子」があります。

プラセンタの大きな特徴成分が成長因子です。
プラセンタ(胎盤)には胎児を数カ月で哺乳動物の体に成長させることができる様々なバランスのよい栄養成分があるのです。
この胎盤から抽出したエキですから、私たちの体の改善や健康に有効性が高いというのがおわかりいただけると思います。

このページの先頭へ