医薬品

プラセンタと女性ホルモン

女性ホルモンはエストロゲンとプロゲステロンの二つのホルモンがあり卵巣から分泌されています。
これらのバランスが崩れることで生理不順や更年期障害がおこります。
年齢を重ねていくと、ほとんどの女性が悩まされるのが更年期障害です。

この症状にはほてり、多汗、イライラ、精神不安定が代表的ですが他にも頭痛、吐き気、髪が細くなる、といった症状があります。
更年期障害というのは卵巣機能の低下により女性ホルモンの分泌が少なくなりバランスが乱れることでおこるのです。
プラセンタには女性ホルモンの分泌を促進させる働きがあります。

プラセンタの効果の中でも女性ホルモンに大きく影響されると言われているのが、
http://www.noendbutvictory.com/horumonn.htmlでも紹介されている
ホルモンバランスを調整する内分泌作用と自立神経を調整する作用のふたつです。
更年期障害をはじめ様々な婦人科系の病気や疾患の改善に使われているのです。
美容成分として摂取するならば市販で買えるようなサプリで十分ですが、婦人科系のトラブルで摂取するならば医療機関で注射による摂取をした方が効果は高いと言われています。
プラセンタは厚生労働省で認可されているものですので治療法によっては保険も適用されますので婦人科に相談するとよいでしょう。

プラセンタというと女性が好む成分であり男性には関係ないと思われがちですが、この成分は男性にも良い効果をもたらしてくれます。
例えば、プラセンタの育毛効果や生活習慣病の予防効果などがありますが、これらの効果は女性だけでなく、男性も気になるのではないでしょうか?

このページの先頭へ