医薬品

プラセンタとコラーゲンは何が違う?

コラーゲンは骨や軟骨に含まれるタンパク質の一種でこのタンパク質の30%はコラーゲンで人間の身体に必要なものです。
骨や臓器の維持にも、なくてはならない成分ですが真皮の80%を占めている成分でもあり美肌成分でも欠かせないものなのです。
肌の保湿、潤い効果やくすみ予防効果もあります。

コラーゲンは骨や臓器、髪や肌を維持するために体内に大変必要な成分といえます。
コラーゲンはそのまま肌や体内に吸収されず、消化分解された時にアミノ酸に代わってしまいます。
肌表面に塗っても分子が大きいため肌の奥への浸透はされていないと言います。

摂取する際には、相乗効果が高いヒルアロン酸やビタミンC、鉄分と一緒に摂ると効果的です。
プラセンタはコラーゲンのように身体に元からあるものではありません。
胎盤から抽出されたエキスで、この胎盤には子宮内の赤ちゃんを成長させる為に豊富な栄養素と成長因子で臓器などを形成します。

他にはないと言われる成長因子と豊富な栄養素をもっており健康に様々な効果をもたらします。
ホルモンバランスや自律神経のバランスを整える効果があり様々な機能の代謝を促進し、細胞を活性化させます。
このようにどちらも美肌と健康に大きな作用があります。
コラーゲンは美容や健康トラブルの「予防」に効果的です。
プラセンタはトラブルになってしまっている「肌の再生」に効果的といえます。

プラセンタとコラーゲンは一緒に摂取すると、お肌のハリや美白効果が期待できるそうなので、是非一緒に摂りたい組み合わせですね。

このページの先頭へ