医薬品

プラセンタ効果とポリフェノール効果の違い

美肌効果がある成分のひとつにプラセンタとは別にポリフェノールがあります。
同様の美肌効果があるのですがその違いは何なのでしょうか。
ポリフェノールは植物光合成をする際に出る物質のことです。

樹皮や、木の葉、花などにふくまれアントシニアン、エラグ酸、ルチン、イソフラブン、カテキンなどがあります。
効能としては「抗酸化作用」があり、活性酸素の働きを抑え細胞の老化を防止します。
ポリフェノールは活性酸素と戦う強い抗酸化作用が備わっているのです。

これによりシミやしわ、たるみといった症状から肌を守り美肌効果があるとされています。
プラセンタにありポリフェノールにないものがあります。
それが「成長因子」です。

成長因子は通常、体内で作り出すことができますが10歳位を境に年齢を重ねていくにつれ作り出す機能が低下するといわれています。
そこでプラセンタはその機能を助け細胞分裂を活性化し内側から作用し助ける働きをしてくれるのです。
この成分は他ではとれないとされています。
プラセンタはどんな成分とも相性がよいため他の成分のはたらきを助けてくれます。
ポリフェノールの働きをさらに高くするためにプラセンタに縁の下の力持ちになってもらうというのもよいかもしれません。

このページの先頭へ