医薬品

プラセンタで何が変わる?

プラセンタで治療できるといわれているのが「更年期障害」です。
更年期障害は女性ホルモンの乱れに伴い身体、精神ともに不安定になり、ほてりや多汗、イライラ、不安などをはじめとする様々な症状が起き酷くなると鬱になることもあります。
年齢を重ねていくにあたり避けて通れない更年期障害ですが、プラセンタはこれらの改善に効果が大きくでるといわれています。

プラセンタには自律神経調整作用とホルモンバランス調整作用がありますので両方のバランスを整える作用で改善されるのです。
更年期障害の治療には医薬品の注射での摂取が効果的です。
治療では厚生労働省が承認していますので保険が適用されることもあります。

医療機関で相談されるとよいでしょう。
他に不妊治療や若返り、育毛にも効果が表れるといいます。
「不妊」においては、直接的に効果を促すものではありませんが、プラセンタがホルモンバランスを整え子宮内膜を増殖させて着床しやすくするのです。

つまり妊娠しやすい環境をつくることができるのです。
プラセンタにはミネラルやアミノ酸が豊富ですのでアイチエイジングにも画期的です。
細胞レベルで活性化させるため、肌のみならず全身の若さを取り戻すことができます。
育毛・薄毛にもプラセンタの豊富な栄養素と内分泌調節作用が働き過剰なホルモン分泌を抑え不足分を促進しバランスを整えてくれるため改善するのです。

プラセンタの摂取方法で最も手軽で低コストで抑えられるといったらサプリメントタイプでしょう。
プラセンタサプリメントに使用されている原料比較サイトがこちらにあります。
一言でプラセンタといっても原料になっている胎盤は豚や馬などのものがあるため、すべての商品で使用されている胎盤が同じではありません。
なので、どの胎盤を原料にしているサプリメントを選べばよいのかをこちらの比較サイトを参考してみてはいかがでしょうか?

このページの先頭へ