医薬品

プラセンタ、塗るか食べるか

サプリメントやドリンクなどの飲むタイプと化粧品やパックなどの塗るタイプ。
プラセンタは効果目的に合わせて飲む(食べる)タイプと塗るタイプに分けて使うとよいでしょう。
美肌のみ、皮膚の部分的な効果を期待するならば塗るタイプです。

おすすめのプラセンタ化粧品はこちらで紹介されていますのでご覧ください。
塗るタイプは副作用の心配がなく安心ですが、ただ塗っただけでは間違いなくプラセンタの効果はありません。
塗る場合は奥まで浸透させる成分が一緒に配合されていないと効果は期待できません。
肌表面だけに塗っているならばただの保湿と同じなのです。

イオン導入などを使い肌の奥まで浸透させると効果が高くなります。
またプラセンタには多数の効果がありますが塗るタイプは肌以外の効果はありません。
逆に美肌もしたいけれどプラスして他の効果も期待したい場合は飲むタイプにします。

飲むタイプですと肌以外の全身に成分が行き届きます。
飲む方が身体への直接的な吸収力が良いのはいうまでもありません。
その分肌だけに絞って塗るよりは肌への効果がでるのは遅いかもしれません。

飲むタイプは体の根本の改善からはじめ、これにより肌もきれいになるのです。
過剰摂取に気をつければ内面から飲み、肌にも塗るということも可能です。
プラセンタの本来の力を発揮させるのでしたら飲むことが効果的です。

サプリメントやドリンクタイプよりも高い即効性を期待できるのは、美容クリニックなどで受けることが出来るプラセンタ注射や点滴でしょう。
医療目的でも使用されているタイプであり、プラセンタ注射や点滴を打つメリットにもかいてあるように効果が実感できやすいなどのメリットがあります。
しかし、頻繁に体内に摂取する必要があることや金額面、また献血ができないなどのデメリットもありますのでよく考えてから行うようにしましょう。

このページの先頭へ