医薬品

プラセンタの利用方法

プラセンタの利用方法には内服、注射、化粧品にわかれます。
内服
カプセルや錠剤、ドリンクなどの飲むプラセンタです。
医師のもとに処方される内服薬は注射と併用して使われます。
他には健康食品に含まれるサプリメントやドリンクといったものがあり、多くの方はこの利用をしています。

通販などで手軽に購入できるものです。
値段も幅広く種類も多数あります。
ドリンクは即効性に優れていますが高価なものも多いので長くゆっくり持続した方にはサプリメントが適しています。

注射
病気の治療などを目的とし医師のもとで行われます。
メルスモンとラエンネックの2種類になり医薬品の医療用となっています。
厚生労働省に認可されており唯一、「ヒト由来」の人間の胎盤から抽出したエキスを利用しています。

化粧品
美容目的で使われており化粧水やパックなどがあります。
プラセンタ原液を高濃度に使用したものから配合されているという程度のものまで様々です。
健康食品や化粧品には動物性プラセンタや植物性プラセンタが使われていますが動物性は一時騒動となった狂牛病により牛と羊の使用が今は禁止されていますので豚が主流となっており高価なものですと馬を使っているものがあります。

このページの先頭へ