医薬品

プラセンタ療法って?

プラセンタとは英語で「胎盤」という意味です。
この胎盤には胎児が育つために必要な栄養素が含まれており、万能の臓器といわれています。
このプラセンタから抽出されたエキスの有効成分で様々な疾患の治療に利用することを「プラセンタ療法」といいます。

プラセンタは厚生労働省認可の医薬品で副作用もほとんどありません。
健康保険適用なものと自費診療になるものとわかれています。
療法は大きく分けて3つありサプリメントなどで内服するタイプ、注射、皮膚内に直接入経皮導入があり、その効果は美容、健康、精神面など広範囲に発揮します。

繊維芽細胞の活性化で肌のシワやたるみを改善し、血行を促進することで新陳代謝があがり肌の若返りを促進します。
ホルモンバランスを整えることから更年期障害の治療にも使われています。
代謝機能を促進し体力がつき、疲労回復、痩身にも効果があります。
自立神経を整え、不安や鬱症状の暖和をすることができ、ストレスなどメンタルヘルスにも良いのです。
このように広範囲に効果的に作用することから、自身で市販のサプリメントやドリンクを購入し美容や健康に役立てることもできますし、医療の治療としても改善が期待されており、プラセンタ療法は大変注目されています。

このページの先頭へ