医薬品

プラセンタはなぜ精神安定作用があるか?

プラセンタには「ホルモン調節作用」と「自立神経調節作用」という精神バランスを整えてくれる働きがあります。
更年期になると更年期障害で悩まれる方が多くなります。
これはホルモンバランスが崩れ、月経周期が不順になったり閉経したりします。

女性ホルモンというのは「エストロゲン」と「プロゲステロン」という2つの成分でバランスをとっています。
エストロゲンが年齢と共に少なくなることでバランスが乱れるのです。
プラセンタにはこのエストロゲンの分泌量を調整することができるのです。

更年期障害以外でも月経の前後に多いイライラしてしまう、気分がおちるといったような精神状態ですが、これにもホルモンバランスを整えてくれますので効果が期待できます。
自律神経のバランスには心との繋がりも大きいのですが、精神を緊張させている「交感神経」と精神をリラックスさせる「副交感神経」の二つのバランスで働いています。
この二つのバランスが乱れてしますことで不安定な精神状態になってしまうのです。
プラセンタには自立神経を調節する作用がありますので、この乱れたバランスを再び正常の状態に戻すことができるのです。
このようにプラセンタには精神を安定させることにも効果が期待できるといえます。

このページの先頭へ